宝暦3年4月の火災

災害年月日
1753年05月19日
市町村
高知県高知市
災害種類
火災  
概要
宝暦3年(1753)4月17日、高知通町4丁目より出火、南奉公人町藪下まで焼く。(「南路志」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、26頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 高知通町 南路志
NO.
高知3704

よく似た災害

宝永2年の火災

宝永2年(1705)11月14日、火災。弘列筆記には「子の刻、小高坂越前町より出火、南川原まで焼抜き築屋敷、片輪町一丁目、北奉公人町、本町、水通町、通... 続きを読む

正徳5年の火災

正徳5年(1715)1月4日、南奉公人町から出火し、家屋500余軒が焼失した。 続きを読む

正徳5年の火災

正徳5年(1715)12月3日、火災。南路志には「3日、御小人町大火三百五六十軒焼ける。火元南奉公人町二丁目。通町3、東川筋、水通2、東川端焼ける。8... 続きを読む

宝暦6年の火災

宝暦6年(1756)12月28日、中須賀より出火、上町及び郭中金子橋まで延焼、火災後井口の町家全てを杓田に移し新井口町(しんち)と称す。(「高知市史」... 続きを読む

元禄11年の火災

元禄11年(1698)10月6日午の刻(正午)頃、城西北奉公人町一丁目から出火し、強い西風により火勢は猛烈となり、火は東郭中では大手門より中島町に至り... 続きを読む