宝暦4年の長雨

災害年月日
1754年04月02日
市町村
高知県
災害種類
その他(長雨)  
概要
宝暦4年(1754)閏2月10日夜より雨天となり、3月8日に日和になるまでの28日間に23日雨、麦作過分の傷になる。(「南路志」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、27頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 南路志
NO.
高知3707

よく似た災害

宝暦4年3月の長雨

宝暦4年(1754)3月、多雨が続き、麦作過分の傷になる。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

明治23年の長雨

明治23年(1890)4月11日から5月13日まで、23日間雨降り続き、晴天6日。麦作に大被害を受けた。 続きを読む

嘉永3年の長雨

嘉永3年(1850)春から夏にかけて、長雨。池川年代記には「春より霖雨、麦作十分、4月中旬より雨甚しく60日の間日、月、星の光を見ず。8月20日頃3、... 続きを読む

明治23年の長雨

明治23年(1890)4月11日から5月13日まで雨降り続き、晴天6日、麦作大被害。 続きを読む

昭和18年の長雨・豪雨

昭和18年(1943)6月~8月は60日近くも降雨があった。この間、7月21日から4日間豪雨が続き、農作物などに深刻な被害を与えるとともに、各河川の護... 続きを読む