天明2年の水害

災害年月日
1782年00月00日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
天明2年(1782)、国中数度の水害で米穀稔らず、3年春以来米穀並びに諸物価暴騰したので藩庁は困窮を救い物価の調節を図るため論告を出す。(「高知市史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、32頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水害 高知市史
NO.
高知3745

よく似た災害

天明2年5月の水害

天明2年(1782)5月、国中数度の水害にて米穀実らず。(「高知市史」による) 続きを読む

天明8年の火災

天明8年(1788)、火災により、上ノ加江浦分が全焼した。孫之丞焼と言われている。浦分庄屋をしていた大谷氏が罹災民に補米をして急場を救い、藩から褒賞せ... 続きを読む

天正6年の長雨

天正6年(1578)4月から9月まで、雨の日が多く続き、五穀は実らず、農民は困窮した。(三谷彦兵衛「南海通記」による) 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日、大地震により、人家の傾くもの数知れず。藩では金銭や米穀を出して人々を救った。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」など... 続きを読む

天明2年の雨風

天明2年(1782)5月4日、大雨風。5月25日より6月13日まで雨続き洪水。7月9日、大風雨。全国で大飢饉起こる。丸亀藩、備荒貯蓄法を出す。西讃民わ... 続きを読む