寛政10年の降雹

災害年月日
1798年08月02日
市町村
高知県
災害種類
その他(ひょう)  
概要
寛政10年(1798)6月20日、降雹。池川年代記には「八ツ頃赤黒の雲四方に立塞り闇の如きにして忽ち神風荒れ来り只砂をまく如く氷降り来り、其の形氷を打割りたる如く角有、長さは6、7分斗、巾5、6分角菱あり、犬に当り鳴逃る。草木の葉散々に打落し諸作大いに傷みたり」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、34頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
降雹 池川年代記
NO.
高知3761

よく似た災害

寛政7年の降雹

寛政7年(1795)6月18日、降雹。池川年代記には「八ツ(14時)頃良の方より雲立塞り神風神雨大雷光隙無く鳴りとどろき氷降る。その形厚み1分斗、広さ... 続きを読む

明治42年の降雹

明治42年(1909)旧4月14日、降雹あり。大きさは7、8分四方。 続きを読む

明治42年の降雹

明治42年(1909)旧4月14日、降雹あり。雹の大きさは2.5cm四方。 続きを読む

大正14年の降雹

大正14年(1925)8月3日、西ノ浦段地で鶏卵大の降雹あり、作物に大被害を与えた。野住、下影、駒倉、荒倉、知行でも梅の実大の降雹あり、所々で煙草の葉... 続きを読む

寛政9年の降雹

寛政9年(1797)6月13日8ツ時夕立して大雹降り、煙草の葉など悉く破れ稲いたむ。(「三岐田町史-正方私記」による) 続きを読む