寛政10年の大雪

災害年月日
1798年11月25日
市町村
高知県
災害種類
雪害  
概要
寛政10年(1798)10月18日、大雪。池川年代記には「夜北風激しく大雪降り、高き所へ深さ2尺斗り、当地辺3寸斗り降積り地面一円白砂となる。常々無事也」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、35頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪 池川年代記
NO.
高知3762

よく似た災害

寛政4年の風雨

寛政4年(1792)7月26日、大風雨により、6,200余軒破損、死者81人(「御家年代略記」による)。暁霞村史によると、国内の家損15,466軒、損... 続きを読む

正徳2年の大雨

正徳2年(1712)7月17日、大雨。南路志には「17日~20日、大雨止まず、洪水雷鳴、21日晩方は晴れる」と記されている。太平寺覚書には「7、10月... 続きを読む

寛文7年の風雨

寛文7年(1667)、風雨。高知県歴史年表には「西郡風雨損傷」と記されている。大野見村史には「洪水の為萩中河内大明神破損」と記されている。 続きを読む

寛政7年の降雹

寛政7年(1795)6月18日、降雹。池川年代記には「八ツ(14時)頃良の方より雲立塞り神風神雨大雷光隙無く鳴りとどろき氷降る。その形厚み1分斗、広さ... 続きを読む

享保17年の風水害

享保17年(1732)、風水害が土佐一円を襲い、死者2万人を算したと記されている。 続きを読む