文化元年8月の台風

災害年月日
1804年10月02日
市町村
高知県室戸市
災害種類
風水害  
概要
文化元年(1804)8月29日朝よりイナサ風で時化となり、大南風に変わり大波立ち、夜四ツ(22時)過ぎから七ツ半(5時)頃まで御船倉へ数度大波入る。(「室戸町史」による)森家日記には「夜四ツ頃より東風時化、先日より強し、夜明に止む」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、35-36頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 御船倉 室戸町史 森家日記
NO.
高知3770

よく似た災害

文化元年7月の台風

文化元年(1804)7月26日、暴風雨により、高岡、幡多二郡の被害甚大。(「高知県歴史年表」による)森家日記には「四ツ頃より時化、南東風暮頃止む」と記... 続きを読む

天保8年の高波

天保8年(1837)8月6日、大波により、室津港大破。(「室戸町史」による) 続きを読む

文化14年の台風

文化14年(1817)9月9日、台風。室戸町誌には「夜半亥の頃から俄に大北雨時化、大納屋の市艇二網切れて吹流さる、丑の刻(2時)頃からタカマゼ(高南風... 続きを読む

慶応2年8月15日の大雨

image

慶応2年(1866)8月15日、大雨。真覚寺日記には「九ツ頃より雨降り出す。夜中大雨、浪高し。16日新居川又出水、往来留という。浪も高し。夜九ツ頃月触... 続きを読む

天保3年の洪水

天保3年(1832)9月10日、雨により大水が出て、田野新町まで打ち入る。3度大浪あり。(「世用日記」、「新井来助日記」による) 続きを読む