天保7年7月7日の洪水

災害年月日
1836年08月18日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
天保7年(1836)7月7日~8日、風水、洪水により、東西御普請所4,020間破損。(「御家年代略記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、40頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 御家年代略記
NO.
高知3795

よく似た災害

天明2年7月の大雨

天明2年(1782)7月18日、大雨、洪水。7月22日、大雨、洪水により、比島山崩て、人死ぬ。(「御家年代略記」による) 続きを読む

天保7年の大火

天保7年(1836)10月29日、下ノ加江で大火、家117軒焼失。(「高知県歴史年表」、「御家年代略記」による) 続きを読む

天保13年の洪水

天保13年(1842)6月25日、風雨洪水により被害が出たため、9月から11月まで波介川尻、高岡関、用石で普請を行った。(「御当家年代略記」による) 続きを読む

寛文元年の洪水

寛文元年(1661)7月5日~6日、洪水により、1万余石損毛。(「町史年表」による。原典は「御家年代略記」) 続きを読む

寛政7年の洪水

寛政7年(1795)8月、洪水により、幡多郡で死者1人、損田2,934石余、堤防崩22,050間余、流下12軒。(「御家年代略記」による) 続きを読む