嘉永7年の風雨

災害年月日
1855年01月13日
市町村
高知県
災害種類
風水害  その他(落雷)  
概要
嘉永7年(1854)11月25日、風雨。真覚寺日記には「浪高く四ツ(22時)頃雷鳴、八ツ(2時)前雷電し風雨共に止む。強の波橋田辺は人家の有りし処まで溢れ来る」と記されている。利岡清左エ門記録には「暮問頃より沖より風強く吹き出し夜五ツ(20時)より大時化となる。夜明まで大いに雷鳴致し久礼のあたり家一軒焼失、此の夜浦々己が家に居る者又々流さると申して闇夜の山へ逃げ朝まで雨に打たるる者多し。26日もしけにて汐高き上に高水になり一隻破船」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、48頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 真覚寺日記 利岡清左エ門記録 落雷
NO.
高知3821

よく似た災害

万治3年の風雨

万治3年(1660)9月20日、風雨。御家年代略記には「国中大風雨、死傷多し」と記されている。中村町史には「大暴雨、岩崎堤防決壊し人家殆んど流失、家財... 続きを読む

嘉永2年7月の風雨

嘉永2年(1849)7月9日~11日、風雨。中村町史には「7月9日大風雨、夜に入りても止まず出水、10日8時より又大風雨となり4年前の丙午の年と同様北... 続きを読む

寛文7年の風雨

寛文7年(1667)、風雨。高知県歴史年表には「西郡風雨損傷」と記されている。大野見村史には「洪水の為萩中河内大明神破損」と記されている。 続きを読む

宝永3年の風雨

宝永3年(1706)6月25日、風雨。御家年代略記には「22日より雨、24、25日風雨甚大にして損毛8万余石」と記されている。南路志には「大雨、塩風夥... 続きを読む

延宝4年の風雨

延宝4年(1676)7月、風雨。室戸町誌には「又々暴風雨、相次ぐ天災のため沿岸1,600軒潰家、田地数千百石損」と記されている。 続きを読む