昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県那賀町(鷲敷町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時過ぎ、南海地震が発生した。鷲敷町の震度は5で、町民のほとんどが屋外に飛び出し、畑や竹藪などで夜を明かした。幸い町内では人畜の被害も、火災の発生もなかったが、屋根瓦が落ちたり、道路等の欠潰があった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鷲敷町誌編纂委員会編「鷲敷町史」(鷲敷町、1981年)、881頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震
NO.
徳島15

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、紀伊半島西南沖を震源とした地震が発生した。津波も起こり、浅川などは全滅の被害を受けたが、応神村では家... 続きを読む

寛政11年の大火

寛政11年(1799)7月21日午後1時頃、柚木から出火、烈風にあおられて大火となり、城下町内残らず焼失した。類焼は二重櫓1つ、家中屋敷・奉公人家宅2... 続きを読む

寛政11年の大火

寛政11年(1799)7月21日午後1時頃、柚木から出火、烈風にあおられて大火となり、城下町内残らず焼失した。類焼は二重櫓1つ、家中屋敷・奉公人家宅2... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前5時、南海大地震により、全村にわたって、石崖、堤防、道路の決壊、落石、亀裂などの被害をこうむったが、人畜の被害は... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海道地震が発生した。地震後、高知市浦戸では25分後に、室戸では約10分後に、須崎では15分前後で津波が... 続きを読む