昭和30年の剣山地震

災害年月日
1955年07月27日
市町村
徳島県那賀町(鷲敷町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和30年(1955)7月27日午前10時20分頃、かなり強い地震が起こった。徳島測候所の発表によると、震度4、震源地は剣山周辺の那賀川上流付近であった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鷲敷町誌編纂委員会編「鷲敷町史」(鷲敷町、1981年)、884頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
剣山地震
NO.
徳島16

よく似た災害

昭和9年の剣山地震

昭和9年(1934)1月9日午前8時7分、剣山北麓(貞光川源付近)を震源とする地震が発生した。脇町の震度は3で、被害はなし。 続きを読む

昭和9年の地震

昭和9年(1934)1月9日午前8時7分、震度3の地震があった。震源地は剣山の北麓(貞光川源)をで、被害はなかった。 続きを読む

昭和51年の剣山周辺の崩壊

昭和51年(1976)、豪雨により、剣山周辺で大崩壊が起こった。 続きを読む

昭和30年の地震

昭和30年(1955)7月27日午前10時21分頃、那賀川上流を中心に震度5の地震があった。震源地付近では死傷者も出た。 続きを読む

昭和39年の台風20号

昭和39年(1964)9月25日、台風20号により、総雨量は剣山付近で475ミリに達し、四国山地沿いの地域で300~400ミリ、平野・沿岸部でほとんど... 続きを読む