文久元年の大雨

災害年月日
1861年04月05日
市町村
高知県土佐市
災害種類
風水害  
概要
文久元年(1861)2月26日~27日及び29日~30日、大雨。真覚寺日記には「26日夜大雨、27日大風雨添、夜に入ますます風雨暁に至てやむ、28日晴、29日九ツ半(13時)頃より雨夜大雨、30日雨八ツ(14時)頃雨止む、3月1日此間中の大雨に雁切川の新橋破れ流るるという」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、53頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 真覚寺日記
NO.
高知3835

よく似た災害

文久3年の風雨

image

文久3年(1863)2月8日、風雨。「真覚寺日記」には「7日夜大風雨、波ますます高し。8日4ツ(10時)頃止む。波大いに高し」と記されている。 続きを読む

文久元年の大雨

文久元年(1861)2月末、大雨のため、雁切橋(紅葉橋)が流失した。 続きを読む

正徳5年7月の大雨

正徳5年(1715)7月18日、終日終夜大雨止まず大洪水。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

文久元年の洪水

文久元年(1861)7月21日、大雨により洪水となり、田畑の損害が多かった。 続きを読む

文久2年閏8月の大雨

文久2年(1862)閏8月11日、大雨。真覚寺日記には「日入後極大雨、夜に入りますます烈しく門前の札を吹き折る。二淀川の渡り止る。小便に出られぬ程の大... 続きを読む