文久2年5月の風雨

災害年月日
1862年05月29日
市町村
高知県土佐市
災害種類
風水害  
概要
文久2年(1862)5月1日、風雨。真覚寺日記には「1日大風雨、2日大風、昨日の雨に二淀川大水上下の渡場往来留、当浦の波濁り高し。和泉屋漁船下浦にて鰹節を積入れ帰るに昨日の風雨に逢い船破損積荷残らず海上に没し七八貫目の損という。其外4、5艘同時に破れたる有と」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、54頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 真覚寺日記
NO.
高知3836

よく似た災害

延宝7年の風雨

延宝7年(1679)7月10日、大風雨により、御荘村々井手川際残らず被害。(「日本気象資料(南宇和郡史)」による) 続きを読む

延宝7年の風雨

延宝7年(1679)7月10日、大風雨により、御荘村々井手川際残らず被害。(「宇和島藩記録」等による) 続きを読む

文政5年の風雨

文政5年(1822)5月29日夜から大風雨、6月2日大洪水。 続きを読む

天保6年の風雨

天保6年(1835)6月23日前夜より大風雨、7月5日より6日大雨風、26日大雨、洪水。 続きを読む

享保2年4月の風雨

享保2年(1717)4月21日夜より風雨、翌22日大風雨、洪水。(「享保雑記」による) 続きを読む