明治33年8月の台風

災害年月日
1900年08月24日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
明治33年(1900)8月23日~24日、台風が沖縄の東から九州西を北上した。18日~25日の8日雨量は北部県境一帯で大雨となり、梼原では1,000ミリを越した。全県的な大雨で被害があったと思われるが、記事がない。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、72頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨
NO.
高知3882

よく似た災害

明治44年の台風

明治44年(1911)8月15日、台風による大雨で、山地での日雨量は400ミリを越した。西部の被害は大きかった。須崎の雨量200~300ミリ、梼原37... 続きを読む

明治32年9月の秋雨

明治32年(1899)9月19日~29日台風等による秋雨が11日間に及び、この間の雨量は越知で972ミリ、窪川で865ミリ、土佐清水・中村で565ミリ... 続きを読む

昭和13年の多雨

昭和13年(1938)7月3日~4日、梅雨末期の前線豪雨により、特に県東部で大雨となった。28日、30日には局部的な大雨で200ミリを越え、29日には... 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月15日、台風により、山地での日雨量は400ミリを越した。西部の被害は大きく、また吉野川が大洪水となり、徳島で土佐水と言われる... 続きを読む

明治31年の台風

明治31年(1898)9月2日、台風が九州南部から四国を通り、多少の被害が出た。8月30日~31日の雨量は須崎で398ミリ、越知・高知で247ミリ、桑... 続きを読む