明治38年8月の台風

災害年月日
1905年08月15日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
明治38年(1905)8月15日午後から、台風に伴い雨が降り出し、17日朝までに県境で200~300ミリ、特に梼原では380ミリになった。中村町資料には「平水より23.5尺」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、75頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 中村町資料
NO.
高知3890

よく似た災害

明治36年の大雨

明治36年(1903)7月8日~9日、低気圧に伴い大雨となった。8日の雨量は中村・田野338ミリ、安芸313ミリ、窪川305ミリ、大栃296ミリ、土佐... 続きを読む

明治35年9月の台風

明治35年(1902)9月7日夕方、台風が宮崎に上陸し、北進した。雨量は梼原で448ミリ、田野々で371ミリ、本山で358ミリ、寺内で355ミリ、大栃... 続きを読む

明治18年7月の台風

明治18年(1885)7月1日、台風が紀伊半島より佐渡へ抜けた。中村町資料には「暴風雨出水、堤防破壊し家橋流れ田畑損傷、死傷多」と記されている。 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、台風が九州中部から周防灘に進んだ。森村史には「九ツ時(12時)大時化、家田畑被害」と、中村町資料には「大風雨少し添う... 続きを読む

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日、台風に伴い豪雨となった。27日午後から28日の雨量は梼原で264ミリ、本山で238ミリ、越知で195ミリを記録した。... 続きを読む