明治42年の火災

災害年月日
1909年11月30日
市町村
高知県高知市
災害種類
火災  
概要
明治42年(1909)11月30日、新市町下一丁目より出火し、西風により南新町4丁目まで焼け、144軒が焼失した。(「高知市史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、77頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 新市町 高知市史
NO.
高知3896

よく似た災害

文政7年の火災

文政7年(1824)12月12日卯刻前、徳島東新町より出火、西北風烈しく大火になり、富田町、新魚町、桶屋町、藍屋町、古物町、大工町2丁目、西大工町、西... 続きを読む

貞享2年の火災

貞享2年(1685)3月26日夜、新町から出火し、翌日、淡路町(現在の秋田町付近)まで延焼し、家数467軒が焼失した。(「阿淡年表秘録」による) 続きを読む

明治3年4月の火災

明治3年(1870)4月11日夜9ツ時(午前0時)、徳島古物町(徳島市南新町)付近より出火し、竈数100軒を焼失した。(佐々木氏記録「萬覚帳」による)... 続きを読む

大正11年の火災

大正11年(1922)1月6日夜、新町の映画館付近から出火し、同館が全焼、住家10戸が焼け、かます12万枚も焼失した。 続きを読む

延宝3年の火災

延宝3年(1675)3月2日夜、内町から出火し、新シ町(現材の中通町1丁目付近)、魚ノ店(現在の幸町付近)まで、家数およそ154軒が焼失した。(「阿淡... 続きを読む