大正3年の台風

災害年月日
1914年09月14日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
大正3年(1914)9月14日、台風により、幡多郡の被害は全壊1,152戸、半壊821戸、中村で死者3人、負傷者3人、宿毛漁船遭難により死者11人、行方不明15人に及んだ。綜合渡川史には「死者3人、負傷者2人、住家の全潰34戸、半潰37戸、大破47戸、流家1戸、後川橋流失」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、79頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者 漁船遭難 綜合渡川史 後川橋流失
NO.
高知3903

よく似た災害

大正11年の旋風

大正11年(1922)8月2日14時頃、三好郡三好町に竜巻が発生し、移動途上の住家を倒し、多数の死傷者を出した。被害は住家の全壊13戸、半壊8戸、非住... 続きを読む

大正11年の旋風

大正11年(1922)8月2日14時頃、三好郡三好町に竜巻が発生し、移動途上の住家を倒し、多数の死傷者を出した。被害は住家の全壊13戸、半壊8戸、非住... 続きを読む

昭和10年8月の台風

昭和10年(1935)8月28日15時、台風が土佐清水付近に上陸した。雨台風で渡川の洪水は明治23年(1890)以来と言われ、被害甚大であった。渡川の... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の南海道地震により、愛媛県の被害は死者26人、負傷者32人、住家の全壊155戸、半壊118戸、非住家の全壊... 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)9月、台風により、被害は死者3人、重傷者2人、住宅の全壊34戸、半壊37戸、大破47戸、流失1戸、非住家の全壊34棟、半壊37棟、... 続きを読む