大正6年の台風

災害年月日
1917年10月10日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
大正6年(1917)10月10日22時、台風が田野に上陸し、徳島、和歌山を通った。県内の雨はほとんど1日で終わり、雨量は200~100ミリで多少の被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、81頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
高知3909

よく似た災害

大正15年の雷雨

大正15年(1926)12月7日、顕著な前線性低気圧の発達により国内の所々で被害が出た。高知県では冬に珍しい雷雨となり、ほとんど1時間に強雨が集中して... 続きを読む

昭和17年の干ばつ

昭和17年(1942)、梅雨は7月3日で終わり、俄雨のほかまとまって降雨がなく8月4日に及んだ。県内の雨量は80ミリ以下である。この干ばつは全国的な現... 続きを読む

昭和17年の干ばつ

昭和17年(1942)、梅雨は7月3日で終わり、俄雨のほかまとまって降雨がなく8月4日に及んだ。県内の雨量は80ミリ以下である。この干ばつは全国的な現... 続きを読む

大正15年の干ばつ

大正15年(1926)、大干ばつ、畑作物はほとんど全滅。 続きを読む

明治31年の台風

明治31年(1898)9月2日、台風が九州南部から四国を通り、多少の被害が出た。8月30日~31日の雨量は須崎で398ミリ、越知・高知で247ミリ、桑... 続きを読む