大正13年4月の強風

災害年月日
1924年04月25日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
大正13年(1924)4月25日、低気圧が日本海を北東に進み、南風が強くなり、長岡郡三和村沖で160トン発動機船が沈没し、乗員10人のうち9人が不明となった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、87頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
強風 船舶遭難 行方不明
NO.
高知3917

よく似た災害

昭和7年の強風

昭和7年(1932)3月16日、西よりの強風が吹き、風浪高く、仲多度郡白方村沖で機船(49トン)が沈没し、16人が溺死した。また、三豊郡豊浜町沖では帆... 続きを読む

昭和7年3月の強風

昭和7年(1932)3月16日、西よりの強風が吹き、風浪高く、仲多度郡白方村沖で機船(49トン)が沈没し、16人が溺死した。(気象庁「気象要覧」による... 続きを読む

昭和2年3月の強風

昭和2年(1927)3月10日、日本海を通った低気圧から伸びる顕著な寒冷前線で突風があり、津呂港外の発動機船1隻が沈没し、1人が死亡した。 続きを読む

昭和30年4月の強風

昭和30年(1955)4月29日16時5分頃、強風のため、小豆郡大部村沖で機帆船が沈没した。(四国新聞による) 続きを読む

昭和31年1月11日の強風

昭和31年(1956)1月11日16時45分頃、季節風のため、下津井沖合で機帆船が沈没し、2人が行方不明となった。(四国新聞による) 続きを読む