大正14年の台風

災害年月日
1925年09月17日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
大正14年(1925)9月17日、台風による大雨で、大豊村から高知にかけて400ミリ以上の豪雨となった。大滝では観測所が流失し、香美郡の死者は35人になった。高知市内の浸水は甚だしかった。死者は40人に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、87-88頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨 観測所流失 死者
NO.
高知3920

よく似た災害

大正9年8月の台風

大正9年(1920)8月15日の台風は、雨量604ミリ、風速11.7m/秒であった。驚異的な雨のため水害がひどく、高知市を含んで香美郡、長岡郡等には溺... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の地震・津波により、人的被害は高知で680人、徳島で210余人に及んだ。高知県では須崎市で60余人、甲浦で... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の地震・津波により、人的被害は高知で680人、徳島で210余人に及んだ。高知県では須崎市で60余人、甲浦で... 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)8月15日、台風が足摺に上陸した。越知の雨量は14日~16日の3日間で604ミリで、大洪水となった。県下の死者は186人、全壊・半... 続きを読む

康安元年/正平16年の地震

康安元年/正平16年(1361)、地震による津波が大阪、高知、徳島の各沿岸に大きな被害を与えた。徳島県由岐では1,700戸の家屋の流失が太平記に記され... 続きを読む