昭和14年9月の大雨

災害年月日
1939年09月16日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和14年(1939)9月16日、低気圧が四国を通過し、局部的な大雨となった。15日~16日の雨量は穴内で400ミリ、仁井田で358ミリ、後免で304ミリ、桑尾で300ミリ、高知で287ミリを記録した。被害は全潰1戸、床上浸水106戸、床下浸水1,258戸、橋流失2箇所、堤防2箇所、道路9箇所、浸水田畑457町に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、101頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 低気圧
NO.
高知3946

よく似た災害

昭和13年8月の大雨

昭和13年(1938)8月27日~28日、熱帯低気圧により大雨となった。27日の雨量は後免で359ミリ、入河内で342ミリ、長沢で337ミリ、桑尾で3... 続きを読む

昭和7年の大雨

昭和7年(1932)9月8日、低気圧が四国西部を通り、伊野周辺の宇治、高知等で洪水被害が出た。雨量は桑尾で340ミリ、伊野で328ミリ、大野見で321... 続きを読む

昭和36年7月の大雨

昭和36年(1961)7月24日、熱帯低気圧が九州西方を北上したため、県中央部で大雨となった。24日夜から25日朝の雨は地蔵寺で213ミリ、天坪で20... 続きを読む

昭和25年5月26日の大雨

昭和25年(1950)5月26日、低気圧による大雨。雨量は野根で212ミリ、高知で192ミリ、窪川で190ミリに達した。被害は床上浸水1,296戸、田... 続きを読む

昭和22年7月の大雨

昭和22年(1947)7月20日、梅雨末期の大雨。本県の雨は12日から連続して21日に及び、高知地方の最多域で800ミリに達した。被害は死者6人、全潰... 続きを読む