昭和15年の晩霜

災害年月日
1940年05月06日
市町村
高知県
災害種類
その他(霜)  
概要
昭和15年(1940)5月6日、大陸からの移動高気圧におおわれ、関東以西の山地で晩霜があり、桑、果樹、茶等に被害が出た。高知県では窪川等でかなりの強霜となった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、101頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
晩霜 窪川
NO.
高知3948

よく似た災害

昭和15年の晩霜

昭和15年(1940)5月6日、大陸からの移動高気圧におおわれ、関東以西の山地で晩霜があり、桑、果樹、茶等に被害。本県では御免が最低位気温3.8度で霜... 続きを読む

昭和28年の晩霜

昭和28年(1953)4月8日、13日、18日、23日~25日等に移動性高気圧に伴って県下の山間部に晩霜があり、桑、ジャガイモ、葉煙草等に被害があった... 続きを読む

昭和28年の晩霜

昭和28年(1953)4月8日、13日、18日、23日~25日等、移動性高気圧に伴って県下の山間部に晩霜があり、桑、ジャガイモ、葉煙草に被害があった。... 続きを読む

昭和16年の晩霜

昭和16年(1941)4月8日、移動性高気圧が日本を通過し、主に九州から和歌山にかけて晩霜による被害が出た。 続きを読む

昭和46年の降雹

昭和46年(1971)午後1時過ぎ、高知県西部で降雹があった。被害が最も大きかった窪川町では、タバコ23haのうち8割以上が被害を受け、そのうち2ha... 続きを読む