昭和17年の台風

災害年月日
1942年09月21日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和17年(1942)9月21日、台風が足摺から須崎をかすめて高松に抜けた。県内の雨は主に18日夜から始まり21日まで続いたが、総計で300ミリ以内と少なく、本県ではむしろ風台風であった。被害は死者5人、負傷者14人、行方不明者7人、全潰225戸、半潰915戸、床上浸水100戸、床下浸水500戸、橋流失17箇所、船流失・沈没38隻、破損47隻、田畑流失32町、米1万石減収に及んだ。なお、この台風では須崎から戸波村に竜巻が起こり、また戸波から波介で発光現象があった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、104頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者 竜巻
NO.
高知3956

よく似た災害

昭和13年9月の台風

昭和13年(1938)9月5日、台風が徳島県東部を速い速度で北上した。被害は死者2人、負傷者5人、行方不明2人、全潰13戸、半潰8戸、流失3戸、床上浸... 続きを読む

昭和17年の台風

昭和17年(1942)9月21日、台風が北北東進して足摺から須崎までの沿岸をかすめ、高松に抜けた。本県では雨は少なく、むしろ風台風であった。県下の被害... 続きを読む

昭和17年の台風

昭和17年(1942)9月21日、台風が足摺から須崎までの沿岸をかすめて高松に抜けた。本県では雨は少なく、風台風だった。この台風時に須崎から戸波村に竜... 続きを読む

昭和31年の台風15号

昭和31年(1956)9月25日夕刻から、台風15号に伴い豪雨が始まり、27日にかけて特に高岡、高知、天坪の線で豪雨が激しく、中央部の河川は大増水した... 続きを読む

昭和29年6月28日の大雨

昭和29年(1954)6月28日~29日、県東部で大雨となった。2日間の雨量は多いところで400~500ミリとなった。被害は死者1人、行方不明者2人、... 続きを読む