宝永4年の地震

災害年月日
1707年00月00日
市町村
徳島県阿南市(那賀川町)
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)、大地震により、海部郡では津波が2丈4尺に達し大荒れであったが、平島村でも海岸沿いでは多少の被害が免れなかったのではと思う。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
武田伴太郎編「村史 平島」(平島村、1923年)、201頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波
NO.
徳島32

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こり、津波が来襲した。土佐湾沿岸ではところどころ陥没して海に入ったという。土佐の国の被害は人家倒壊16,00... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、我が国地震史上最大級の地震が発生した。地震と津波の被害は東海道から九州に至り、全体で死者4,900人、潰家29,000... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震が発生した。「高松藩記」によると、地裂け水湧き、干してあった稲を流し、五剣山の一峯が崩れ、墓石ことごとく倒れたと... 続きを読む

昭和29年4月の大雨

昭和29年(1954)4月5日及び11日、東シナ海から発達しながら北東進し日本海に抜けた2個の低気圧によって、県南海岸で局地的大雨があった。急激な雨だ... 続きを読む

昭和29年4月の大雨

昭和29年(1954)4月5日及び11日、東シナ海から発達しながら北東進し日本海に抜けた2個の低気圧によって、県南海岸で局地的大雨があった。急激な雨だ... 続きを読む