安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県阿南市(那賀川町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日午後4時から地震が始まり、翌5日は最も激烈で、人々は家にいたたまれず、籔に逃げるもの、庭前に小屋をかけてわらを敷いて露宿するものもあった。また、海辺の中島上福井や工地では4日夕の大地震に引き続いて、津波が5、6度来た。翌5日午後4時頃から空前絶後の大地震があり、津波が寄せては引いた。出島前川筋一帯の地面が裂け、水砂を吹き上げた。那賀川は逆流し、津波が大京原近辺まで押し寄せ、三栗の八幡神社前まで大船が流れてきたという。
地理院地図
Googleマップ
備考
津波により、三栗の八幡神社前まで大船が流れ着いたと言われている。
参考画像
参考文献
武田伴太郎編「村史 平島」(平島村、1923年)、202-203頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 那賀川
NO.
徳島33

よく似た災害

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日朝8時に地震が始まり、1時間程続き、12時頃から夕方までに海岸地帯では大津波が10度押し寄せ、4回目の波が最高の1丈5尺... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日午後4時頃、大地震が発生した。午後5時頃から大津波が打ち寄せ、人々は山辺の藪地に避難したが、強震のため歩行も困難で、空飛... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日午前8時頃、遠州灘を震源とするM8.4の大地震(安政東海地震)が起こり、大津波が房総半島から高知沿岸を襲った。その32時... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日午前8時頃、遠州灘を震源とするM8.4の大地震(安政東海地震)が起こり、大津波が房総半島から高知沿岸を襲った。その32時... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日午前11時大地震が起こり、津波が7、8度押しよせたが人家までは来なかった。翌5日午後5時頃、未曾有の大地震が発生し、山崩... 続きを読む