明治19年8月の台風

災害年月日
1886年08月20日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)8月20日、台風。綜合渡川史によると、19時頃から北東の暴風雨、21日ますます猛烈となり、12時頃より河水増加し、14時市街地浸水、17時の最高水位は29.5尺で、住家5、6戸流。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、61頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 綜合渡川史
NO.
高知4058

よく似た災害

明治19年の洪水

image

明治19年(1886)8月20日、台風が宮崎に上陸し、北九州から北東進した。19時頃から北東の暴風雨となり、21日はまずます猛烈となり、12時頃から河... 続きを読む

明治19年8月の台風

image

明治19年(1886)8月20日、台風が宮崎に上陸し、北九州から北東進した。綜合渡川史には「19時頃から北東の暴風雨、21日益々猛烈、12時頃より河水... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から東北の暴風雨となり、翌21日にますます猛烈となり、正午頃から河水が増加して午後2時頃には市街地に浸水して... 続きを読む

明治19年8月の洪水

明治19年(1886)8月20日午後7時頃より東北の暴風雨となり、翌21日正午頃より水量ますます増加し、午後2時頃には家屋の浸水が始まり、家具、木材、... 続きを読む

明治35年の台風

明治35年(1902)9月7日午前8時頃より降雨、東風起こり、10時頃暴風雨となる。午後1時頃風向きが東北となり、風雨止む。川水は増加し、8日11時頃... 続きを読む