大正12年の地震

災害年月日
1923年12月05日
市町村
徳島県勝浦町
災害種類
地震・津波  
概要
大正12年(1923)12月5日午前8時40分、強震があった。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
勝浦町史編集委員会編「勝浦町前史」(勝浦町、1977年)、514頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震
NO.
徳島40

よく似た災害

大正13年の大雪

大正13年(1924)12月12日、降雪が7寸に及んだ。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による) 続きを読む

昭和15年の干ばつ

昭和15年(1940)6月、干ばつ。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による) 続きを読む

大正10年の台風

大正10年(1921)7月13日、暴風雨により沼江字長尾山が崩壊した。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による) 続きを読む

昭和9年の雷雨・降雹

昭和9年(1934)5月13日、雷雨、大雹降った。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による) 続きを読む

大正15年の干ばつ

大正15年(1926)7月7日から9月3日までの58日間干天が続き、山田に亀裂が生じた。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による) 続きを読む