宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日午後0時30分、M8.4の地震が紀伊半島で発生した。地震及び津波による被害は各地に及び、被害総数は家屋の破壊29,000戸、死者4,900名にのぼった。このうち高知の被害が最大で、ついで和歌山であった。高知の「谷陵記」によると、徳島でも「士屋敷230軒、民屋400軒地震につぶる」と記されている。小松島では宝永地震の記録が現在のところ発見されていないが、おそらく大した被害がなかったからであろうと推察される。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市新風土記編纂委員会編「小松島市 新風土記」(小松島市、2001年)、59-60頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 谷陵記
NO.
徳島46

よく似た災害

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、紀州沖大地震。地大いに震い五畿七道に及び、有史以来の規模となった。沿岸では大汐により多くの人畜が溺死した。 八幡神社の... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)の地震により、足摺岬周辺は沈降したことが示されている。この報告では、足摺岬について、史料及び隆起生物遺骸の調査を行い、1707年宝... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が起こった。須崎市糺町の宝永津浪溺死之塚には、溺死者400人余と記されている。また、須崎八幡宮の木札には、宝永地震... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が起こった。須崎市糺町の宝永津浪溺死之塚には、溺死者400人余と記されている。また、須崎八幡宮の木札には、宝永地震... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日巳の刻(午前10時)に大地震が発生し、土佐国中で死者1,000人余と伝えられている。特に上の加江や矢井賀、志和村では山際... 続きを読む