昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時半、大地震が起きた。冷田川の下流から、約3mの高さの高浪が上流に向かって遡ってきた。通り過ぎた後は、川一杯に河水がみなぎって、堤防の頂上すれすれにあふれんばかりであった。この地震で、八万一帯は40cm地盤沈下し、2年後にさらに60cm地盤沈下した。冷田川南北地域は塩害で稲が成長しなくなった。地盤沈下に伴う高潮防潮対策が補助事業として行われ、徳島市が冷田川大樋門を築造した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
橋本幸四郎著「八万わがふるさと」(第一出版、1984年)、21-22頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波 冷田川 地盤沈下 冷田川樋門
NO.
徳島54

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震により、高知市では40~100cm、平均52cmの地盤沈下が認められ、高知県下で最大の沈下量を示している。... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分頃、南海道地震が発生し、徳島県でも特に海岸部で大被害が起きた。当時を知る人の話によると、地震後、赤石港... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、紀伊半島沖を震源とするM8.0の地震により、宇摩郡、新居郡で激しい揺れを感じた。双海地域の海岸線では40~50cm... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、明浜町内の海岸は地盤沈下し、家屋が倒壊した。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により、後遺症として地盤沈下が続いた。海岸施設は弛緩、崩壊、田畑浸水、飲用井戸は塩分が濃厚となった。 続きを読む