明治19年の洪水

災害年月日
1886年08月20日
市町村
高知県黒潮町(佐賀町)
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)8月20日午後7時頃から暴風雨となり、翌21日ますますその度を加え、22日に最も甚だしく、幡多郡では大洪水による被害が多かった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
佐賀町農業協同組合「佐賀町農民史」編集委員会編「佐賀町農民史」(佐賀町農業協同組合、1983年)、942頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水
NO.
高知4247

よく似た災害

明治19年の洪水

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から暴風雨となり、翌21日にはますますその度を加え、22日に最も甚だしくなり、被害も多かった。 続きを読む

弘化3年の洪水

弘化3年(1846)4月、大雨、度々出水。8月7日、風雨。9日風雨、甚だしく出水。29日また風雨激しく、30日ますます甚だしく、人家数多く破損。9月夜... 続きを読む

昭和20年の洪水

昭和20年(1945)9月、大風水害、10月大雨大洪水、被害最も甚だし。 続きを読む

明治36年7月の大雨

明治36年(1903)7月7日~9日、瀬戸内海中部より関東にかけて大雨となり、特に近畿地方付近は甚だしく、死傷、堤防決壊、浸水が多かった。(気象庁「気... 続きを読む

弘化3年7月の大雨

弘化3年(1846)7月朔日より風雨。3日風雨甚だしく出水。8日また風雨激しく、9日風雨ますます甚だしく人家数多破損。17日夜、大風雨。この年、数度の... 続きを読む