享保13年の地震

災害年月日
1728年10月03日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
地震・津波  
概要
享保13年(1728)9月1日、大地震、津波が起こり、2日まで宮島浦、平井志村南牛飼並びに沖島田等に潮が入り、稲作の被害が多かった。(平石の鈴江龍太郎家所蔵年代記抄による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
川内村編「川内村史」(川内村、1937年)、1272頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 津波
NO.
徳島58

よく似た災害

文政3年の大雪

文政3年(1820)1月3日朝7ツ時より大雪が降り、7、8寸積もった。(鈴木家年代記抄による) 続きを読む

明治25年の台風

明治25年(1892)7月22日~23日、暴風雨が襲来。日照り続きで困った後に暴風雨が来たので、農作物に被害が出た。特に稲作の被害が多かった。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)、大地震により上下左右に揺れ、翌朝まで10回余りの大津波が襲来した。安芸郡の被害は甚大で、甲浦では潮が山際まで入り、白浜、生実では... 続きを読む

明治38年の台風

明治38年(1905)8月の台風は降雨量が多く、田畑の浸水、稲作の被害が甚だしかった。 続きを読む

明治3年の台風

明治3年(1870)9月6日から台風のため風雨が強く、11日に勝浦川の堤防が決壊した。元根井など海岸部は、高潮の被害を受け、内陸部の外開・北開から中田... 続きを読む