昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、地盤沈下が起こった。沿岸地区の農地300余町歩が耕作不能となったため、復旧対策として客土事業を施行して農地を復元した。災害時の写真あり。
地理院地図
Googleマップ
備考
川内支所前には、農地復旧記念碑が建立されている。
参考画像

参考文献
川内土地改良区史編さん委員会編「目で見る川内の変遷」(川内土地改良区、1995年)、44-46頁
情報源の種類
写真集
キーワード
昭和南海地震 地盤沈下 客土 写真
NO.
徳島61

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、南予から東予地方にかけて40~80cmの地盤沈下をきたし、吉田町でも被災した海岸地区の高潮対策とし... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震が発生した。この震災の惨状は、国分川改修反対派を沈黙させ、地盤沈下復旧事業として、昭和22年に葛島、砂地... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により大きな被害を受けた。一方、国分川改修の実現にとっては好機となった。国分川南岸の人々の永年の主張が認め... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により大津地区でも大きな被害を受けた。この震災と高潮による被害は、国分川改修に反対してきた国分川北岸の人々... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時半、大地震が起きた。冷田川の下流から、約3mの高さの高浪が上流に向かって遡ってきた。通り過ぎた後は、川一杯に... 続きを読む