昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県鳴門市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、紀伊水道を震源とする南海地震が発生した。地震による大津波や地盤沈下などが起き、特に鳴門市域の塩田地帯では大きな被害を受けた。被害は、堤防や塩田地盤の沈下、堤防の決壊、沼井・鹹水溜・濃縮台や塩田内の海水輸送装置の崩壊などで、甚大であった。塩田地盤の沈下は平均33~35cm程であった。復旧工事は国からの補助金を受けて行われた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鳴門市史編纂委員会編「鳴門市史 現代編1」(鳴門市、1999年)、936-937頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波 地盤沈下 塩田
NO.
徳島65

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、綾歌郡では玉越村、松山村、宇多津町で地盤沈下の被害を受けた。沈下量は坂出市で37cmである。玉越村... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、丸亀市の沈下量は約37cmに及び、地震による破壊家屋5戸に対して、沈下による浸水家屋は345戸に達... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)、南海大地震により、高知城下の地盤の沈下量は推定1.2mに及んだ。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、三豊郡では沈下が約37~38cmとなり、沈下被害は大川郡と並んで最も被害が大きかった。中でも詫間町... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海大地震により、高知城下の地盤の沈下量は1.2mに及んだ。地震の10日後にはおよそ沈下量の12分の1程度が回復、3ヶ月後には... 続きを読む