安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県松茂町
災害種類
地震・津波  火災  
概要
安政元年(1854)11月4日巳(午前10時)の上刻を初震とし、それに伴う津波や地鳴り、地割れ、屋根瓦の落下、建物の崩壊などによって、松茂の人々は木津山、大谷山に避難して山ごもりをした。中喜来では火災が発生したが、消火に当たる余裕もなく、焼けるにまかした。長岸の氏神の境内では1尺5、6寸の地割れが起こり、潰家は長岸で10軒、中喜来で20軒もあった。長原では50軒が全壊または大破し、渡海中の渡船が津波にあい男女4、5人が流死した。豊岡新田では大手の堤防が決壊し、田畑などが潮入となった。
地理院地図
Googleマップ
備考
中喜来の春日神社には、三木與吉郎により敬渝碑が建立されている。
参考画像

参考文献
松茂町誌編纂委員会編「松茂町誌 上巻」(松茂町誌編纂室、1975年)、356-360頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 地割れ 火災 死者
NO.
徳島69

よく似た災害

安政4年の洪水

安政4年(1857)7月29日から暴風雨となり、8月1日には堤防が決壊して、新田地帯は一面が海のようになった。住吉新田では居宅倒壊8軒、納屋倒壊18軒... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日、5日、大きな地震とそれに伴う津波、地鳴り、地割れなどにより、多くの建物が倒壊した。松茂の人々は木津や大谷の山に避難し、... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日、5日、大きな地震とそれに伴う津波、地鳴り、地割れなどにより、多くの建物が倒壊した。松茂の人々は木津や大谷の山に避難し、... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日、5日の大地震により、鯛浜村では180軒のうち75軒が潰家となった。鯛浜村では地割れの裂け目に2匹の馬が入り込み、人々が... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日午前9時、中揺りの地震が二度あり、潮が河の中ほどまで三度入ってきた。夜10時頃、中揺りの地震が一度あった。翌5日午後5時... 続きを読む