昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県松茂町
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時23分頃、大地震が起こり、約2分間の震動が続いた。松茂村でも、著しい水平動により外に出ても立っていられない程で、怪音とともに家は揺れた。屋根瓦は落ち、竹やぶの付近で揺れ止むのを待っていると、青白い電光が走った。第一震が収まったかと思うと、4、5分後には第二震が来た。鳴門警察署管内の被害は、死者11人、重軽傷者6人、住宅全壊46戸、非住家全壊24戸、津波による田浸水約30ha、塩田陥没約2ha、船舶損壊6隻などであった。
地理院地図
Googleマップ
備考
昭和南海地震の発生時刻は、一般には昭和21年12月21日午前4時19分と言われている。
参考文献
松茂町誌編纂委員会編「松茂町誌 下巻」(松茂町、1976年)、35-36頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波 死者
NO.
徳島71

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海道地震が発生した。地震後、高知市浦戸では25分後に、室戸では約10分後に、須崎では15分前後で津波が... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分頃、南海道沖で地震が発生し、大津波を伴って中部、近畿、中国、四国、九州の各地に大きな被害を出した。豊浜... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分頃、潮岬の南50kmの地点で大地震が起こり、津波により被害が大きかった。橘町では地震後30分ほどで津波の第... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分頃、潮岬の南50kmの地点で大地震が起こり、津波により被害が大きかった。橘町では地震後30分ほどで津波の第... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海地震が発生し、坂出の海岸地帯に被害をもたらした。海岸線は10~20cm沈下し、西築港岸壁は崩壊し... 続きを読む