安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県松茂町
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月4日、5日、大きな地震とそれに伴う津波、地鳴り、地割れなどにより、多くの建物が倒壊した。松茂の人々は木津や大谷の山に避難し、地震が静まるのを待つほかなかった。この地震の惨状を後世に伝えるため、中喜来の三木家第九世與吉郎は「敬渝碑」を中喜来の春日神社境内に建立した。
地理院地図
Googleマップ
備考
中喜来の春日神社には、三木與吉郎により敬渝碑が建立されている。
参考画像

参考文献
松茂町歴史民俗資料館編「水とたたかう松茂の人々 改訂増補版」(松茂町歴史民俗資料館、2004年)、22-23頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 地鳴り 地割れ 敬渝碑
NO.
徳島74

よく似た災害

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日、5日、大きな地震とそれに伴う津波、地鳴り、地割れなどにより、多くの建物が倒壊した。松茂の人々は木津や大谷の山に避難し、... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日、5日、大地震。真覚寺日記には、5日の地震について「七ツ半時俄に一天薄闇く相成り近代未曾有の大地震、山川鳴り渡り土煙空中... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日と5日連続して大地震が起こった。この地震については、元脇地の坂本家に伝わる「大地震洪波事記」が地震時や地震後の様子などを... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日午後5時頃、大地震が起こった。高知市の被害は死者370余人、人家の倒壊・焼失22,000余戸であり、中村町でも家屋の全壊... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日から5日にかけての地震の様子は、岸本の飛鳥神社境内の安政地震の記念碑に記されている。碑には「懲毖」の文字が刻まれ、後世の... 続きを読む