安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県藍住町
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日、徳命の徳元嘉平翁の話によると、西貞方の操芝居を見物に行っていたところ、地震が起こり、芝居の中は大混雑となった。そこから逃れて徳命に帰り、八幡神社前にかかると、1丈7尺の大御影石の鳥居が倒壊し、八幡宮、牛頭天王、天神宮の三社は揺り壊された。震動は数日続き、貞方以東の人々は津波を恐れて逃げ来たり、地方の人々は藪の中に避難した。(「藍園村史」による)
地理院地図
Googleマップ
備考
安政地震により、徳命の八幡神社の鳥居が倒壊した。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
藍住町史編集委員会編「藍住町史」(藍住町、1965年)、179頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 徳命 八幡神社 藍園村史
NO.
徳島81

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時)、地震が起こり、鈴浪が来る。翌5日7ツ半時(午後5時)未曾有の大地震が起こり、人々は狼狽し、子どもは叫ぶ... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時)、地震が起こり、鈴浪が来る。翌5日7ツ半時(午後5時)未曾有の大地震が起こり、人々は狼狽し、子どもは叫ぶ... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日の両日、宇摩地方は大地震に襲われる。三島の人々は、2日間、仕事も手に付かず、竹藪に避難して生活した。 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日、5日、大きな地震とそれに伴う津波、地鳴り、地割れなどにより、多くの建物が倒壊した。松茂の人々は木津や大谷の山に避難し、... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日、5日、大きな地震とそれに伴う津波、地鳴り、地割れなどにより、多くの建物が倒壊した。松茂の人々は木津や大谷の山に避難し、... 続きを読む