文化12年の洪水

災害年月日
1815年08月00日
市町村
高知県香美市(土佐山田町)
災害種類
風水害  
概要
文化12年(1815)7月、物部川の洪水により、堰留神社の社殿が流失し、同年10年に再興されたという記録が残されている。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局高知工事事務所編「流域史蹟ガイド 仁淀川・物部川・高知」(建設省四国地方建設局高知工事事務所、1988年)、24頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 物部川 堰留神社
NO.
高知4520

よく似た災害

文化12年の洪水

image

文化12年(1815)7月、物部川の洪水により、堰留神社の社殿が流失し、同年10年に再興されたという記録が残されている。 続きを読む

寛文元年の洪水

寛文元年(1661)7月20日、鏡川の洪水が江の口川の上流部のどこかに流入したため、上町の袋町に洪水が浸入し、郭中境の新越戸付近の堤防が危険な状態とな... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)の地震により、鞆浦で波高10丈(約30m)の津波があったという記録が残っている。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震により、高知市では堤防が切れたこともあり、市街地が浸水し12日間も冠水したままであったという記録が残っている。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震により、高知市では堤防が切れたこともあり、市街地が浸水し12日間も冠水したままであったという記録が残っている。 続きを読む