安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県阿波市(市場町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日~5日、大地震により、封内人家の倒れるもの3千余。11月11日、15日、12月12日、14日にも強震あり。藩主蜂須賀斎昌1万両を発し、士卒胥吏の再編に遭う者を賑恤し、商人の暴利を貪るを禁ず。(六国史、類聚国史、蜂須賀家記等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大俣村誌編纂委員会編「大俣村誌」(大俣村、1955年)、441頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震
NO.
徳島88

よく似た災害

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日、大津波、大地震で潰家数多くあり。(「渭水聞見録」、「蜂須賀家記」、「阿淡年表秘録」、「阿波志」、「板野郡史」、「大津村... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、地震が始まった。11月5日には徳島で約1,000戸が焼失して、約200人が死に、小松島でも大火があり、海部地方に津波害... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日、5日に大震、11日、15日、25日及び12月12日、14日に強震があり、その間余震が続いた。蜂須賀家記には「封内の人家... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日から5日夜にかけて大地震があり、徳島城下と勝浦郡小松島村では大火が発生し、海部郡はじめ沿岸の浦村では津波の被害を受けた。... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、静岡県御前崎沖約70kmでM8.4の地震が発生し、津波が房総半島から土佐湾にかけて発生し、潰滅・焼失家屋は約3万戸、死... 続きを読む