寛政元年の地震

災害年月日
1789年05月10日
市町村
徳島県海陽町(海部町)
災害種類
地震・津波  
概要
寛政元年(1789)4月16日夜八ツ時、大地震が発生し、家、蔵、土手などの損傷が夥しかった。しかし、夜分だったので、往来の人にけがはなかった。(「橋本亀吉方記録」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大石修一編「奥浦誌」(奥浦部落、2006年)、55頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 橋本亀吉方記録
NO.
徳島95

よく似た災害

寛政元年の地震

寛政元年(1789)4月16日夜八ツ時、大地震が発生し、家、蔵、土手などの損傷が夥しかった。しかし、夜分だったので、往来の人にけがはなかった。(「橋本... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日の朝方と夜に地震が起き、5日夕方大地震が発生した。午後5時半頃から火災が発生したため、近隣の者が総出で消火活動をしていた... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日七ツ時(午後4時)、大地震が起こった。民家では夕食のため炊事中だったので、倒壊した家屋からたちまち出火し、さらに津波が押... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日朝五ツ半時、大地震が半時ばかり甚だしく、甲浦の港では小船等を打ち上げたが、人家の庭まで来ずに引き潮になった。また、翌5日... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月26日、伊勢湾台風が来襲し、死者・行方不明者は全国で5,098人に達した。高知県は台風進路の西側だったので、被害は少なかった... 続きを読む