明治19年8月の台風

災害年月日
1886年08月00日
市町村
高知県高知市(春野町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治19年(1886)8月、仁淀川の出水により、吾川郡新川村で堤防が決壊し、新川村、森山村、弘岡上の村、中の村、下の村、甲殿秋山の諸村は一面に一大湖水となり、稲作及び雑穀に大損害が出た。(高知新聞による)/台風、仁淀村地すべり、旧寺野潰滅す。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局高知工事事務所編「語り継ぐ仁淀川50年災害」(四国建設弘済会、1986年)、75頁及び77頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
仁淀川 洪水 新川村 堤防決壊 寺野地すべり
NO.
高知4635

よく似た災害

明治19年8月の台風

明治19年(1886)8月20日午後5時頃より仁淀川の出水甚だしく、吾川郡新川村の春野神社脇の40間程の堤防が決壊し、新川町、森山村、弘岡上の村、中の... 続きを読む

明治23年9月の洪水

明治23年(1890)9月11日、台風により、仁淀川は洪水となり、森山堤防が1,800mにわたって破損した。また、佐川は稀有の大洪水となり、中島堤防が... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)7月26日~8月31日、大干ばつで、稲作及び農作物などに甚大な被害があった。松山の降水量は37日間で16ミリであった。 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)7月26日~8月末日まで降水量なく、稲作及び農作物の被害甚大。(「愛媛県史」による) 続きを読む

明治38年の台風

明治38年(1905)8月15日~17日、暴風雨により、妙谷川橋流失、中山川決壊し、家屋流失、周桑平野1,000町歩が湖水となり、北条新田90戸、30... 続きを読む