寛政元年の地震

災害年月日
1789年05月10日
市町村
徳島県牟岐町
災害種類
地震・津波  
概要
寛政元年(1789)4月16日夜九ツ時(午後12時)、地震あり、田地ことごとく割れ、みぞや石垣が崩れた。住民は18日まで山林に逃げた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
牟岐町史編集委員会編「牟岐町史」(牟岐町、1976年)、932頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震
NO.
徳島104

よく似た災害

寛政元年の地震

寛政元年(1789)4月16日夜9ツ時、名西郡、海部郡で大地震があり、田地ことごとく割れ、石垣崩れ、みぞことごとく崩れ、地震後4月18日まで住民は山林... 続きを読む

寛政元年の地震

寛政元年(1789)4月16日夜9ツ時、名西郡、海部郡で大地震があり、田地ことごとく割れ、石垣崩れ、みぞことごとく崩れ、地震後4月18日まで住民は山林... 続きを読む

寛政元年の地震

寛政元年(1789)4月16日夜9ツ時、大地震により、土壁や石垣など所々崩れた。(「北川文書」による)この時、近畿、四国、瀬戸内に広く被害あり。 続きを読む

慶安2年の地震

image

慶安2年(1649)、地震のため、松山城の石垣が崩れた。 続きを読む

寛政元年の土砂災害

寛政元年(1789)4月17日、阿波地震により、福井村福原(現阿南市)で山や谷が崩れ、川の水が3日間濁り流れた。多くの川淵、土手、田地一面が割れた。ま... 続きを読む