安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県牟岐町
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日朝辰の下刻(午前9時頃)、大地震があり、5日夜明けまで5、6度揺れ、人々は林藪に逃げる。5日午後3時頃と8時頃に大地震があり、それに伴う津波も大規模で、西牟岐浦では175戸全戸が流失するなど大きな被害が出た。津波の高さは3丈余りで、山々の麓に差し込んだ汐先は5、6丈にも見えたという。 出羽島津波に関する貞之助の記録には、津波の大きさは島を引き込むかと思うほどであったことが記されている。
地理院地図
Googleマップ
備考
牟岐小学校前には、安政地震のことを記した大震潮記念碑が建立されている。
また、出羽島観栄寺境内に安政地震碑が建立されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
牟岐町史編集委員会編「牟岐町史」(牟岐町、1976年)、932頁及び934-935頁及び955-956頁及び1064-1065頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 出羽島 貞之助 死者
NO.
徳島105

よく似た災害

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日昼4ツ時(10時)地震が起こり、夜5ツ時(8時)頃から夜明けまでに3、4度地震が続いた。翌5日は昼8ツ時(午後2時)頃に... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝辰の下刻(午前9時頃)、大地震あり。5日午前3時頃、大地震となり、その後も大震が続いた。加えて沿岸地方では大津波の襲来... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝辰の下刻(午前9時頃)、大地震あり。5日午前3時頃、大地震となり、その後も大震が続いた。加えて沿岸地方では大津波の襲来... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝、大地震が起こり、その日は大震、小震が続いた。5日七ツ時(午後4時頃)には大震動となり、夜五ツ半(午後9時頃)には最も... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日午前9時頃、大地震が起こり、翌5日夜明けまで地震が5、6度に及んだ。5日8時頃大震、12月にも強震がった。人々は竹藪の中... 続きを読む