大正9年7月・8月の台風

災害年月日
1920年07月24日
市町村
高知県物部川流域
災害種類
風水害  
概要
大正9年(1920)7月24日及び8月16日、2回の台風による洪水のため、戸板島で決壊、家屋流失1戸、吉川村で堤防決壊164間。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省高知工事事務所編「高知工事事務所四十年史」(四国建設弘済会、1987年)、156頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 洪水 物部川 堤防決壊
NO.
高知4767

よく似た災害

大正9年の台風

大正9年(1920)7月、8月、台風により、家屋流失1戸、吉川村で堤防決壊164間。(物部川の主な洪水の歴史による) 続きを読む

大正9年8月の洪水

大正9年(1920)8月16日、台風により、物部川の洪水により、本村吉原及び吉川の堤防延長270~280間(500m程)が決壊した。(「吉川村史」によ... 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)7月10日、台風による洪水のため、増水高2丈、家屋流失1戸、堤防決壊10間ほか半壊あり。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)7月8日、台風による洪水のため、右岸竹が鼻堤防が約100間決壊、吉川村で耕地流失30町歩。 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月14日、台風12号による大雨のため、戸板島上流右岸堤防(工事中)が一部決壊、吉川村の物部川下の橋が一部流失、山田堰の水叩き3... 続きを読む