昭和36年の第二室戸台風

災害年月日
1961年09月16日
市町村
高知県仁淀川流域
災害種類
風水害  
概要
昭和36年(1961)9月16日9時に、台風18号(第二室戸台風)が室戸岬西方に上陸し、北東に進路を続け、18時に能登半島東部から日本海に去った。この台風で仁淀川では中島、伊野で最高水位が警戒水位を1m余り上回ったが、風台風であったため、出水による被害は比較的少なかった。県下の被害は死者2人、負傷者78人、家屋の全壊93戸、半壊160戸、床上浸水254戸、床下浸水1,614戸、田畑の冠水4,796haとなった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省高知工事事務所編「高知工事事務所四十年史」(四国建設弘済会、1987年)、348-351頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
第二室戸台風 仁淀川 洪水 風台風 死者
NO.
高知4825

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風による被害は比較的少なかった。高岡郡下の被害は、死傷者3名、全壊21戸、半壊25戸、流失15戸、床上浸水136... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、台風18号(第二室戸台風)により、深渕上流12時間雨量は199ミリ、深渕地点流量は約1,500立米/秒となった。物部... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、台風18号(第二室戸台風)により、深渕地点の流量は約1,500m/秒となった。物部川流域の大部分が台風の眼域に入った... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日9時に、台風18号(第二室戸台風)が室戸岬西方に上陸し、北東に進路を続け、18時に能登半島東部から日本海に去った。この... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日9時、第二室戸台風が室戸西方に上陸し、徳島県南岸から徳島の南を通り、阪神間に上陸し夕刻富山湾に抜けた。那賀川流域では1... 続きを読む