昭和43年の台風10号

災害年月日
1968年08月28日
市町村
高知県仁淀川流域
災害種類
風水害  
概要
昭和43年(1968)8月28日、台風10号が豊後水道から瀬戸内海に入る。仁淀川は大洪水となり、満潮と重なり、波介川に逆流して泥水が堤防を越水し、死者2人となった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省高知工事事務所編「高知工事事務所四十年史」(四国建設弘済会、1987年)、349頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 仁淀川 洪水 波介川 死者
NO.
高知4829

よく似た災害

昭和43年の台風10号

昭和43年(1968)8月28日、台風10号が豊後水道から瀬戸内海に入った。仁淀川は大洪水となり、満潮と重なり波介川に逆流して泥水が堤防を越水し、死者... 続きを読む

昭和43年の台風10号

昭和43年(1968)8月28日、台風10号により、仁淀川は大洪水となり、満潮時と重なり、水が波介川に逆流して泥水が堤防の各所を越した。県下で死者2人... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日~22日、台風10号が来襲し、満潮と重なり、高知県の被害は死者12人、床上浸水5,363戸に及んだ。最大瞬間風速は54... 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月14日、台風12号の通過が満潮と重なり、市内の小・中学校が臨時休校となった。特に市西北部地域に浸水家屋が続出し、高松市には災... 続きを読む

平成10年の台風7号

平成10年(1998)9月22日、台風7号により、高松市は記録的な豪雨と大潮が重なり、しかも98.5ミリという時間雨量ピーク時が満潮と重なったため、浸... 続きを読む