昭和36年の第二室戸台風

災害年月日
1961年00月00日
市町村
高知県海岸地域
災害種類
風水害  
概要
昭和36年(1961)、第二室戸台風により、高知県東部の海岸線は大被害を受け、破堤、決壊などの被災延長は5.3km以上に及んだ。高波による家屋の全半壊は奈半利町44戸、室戸市21戸を記録し、崖床上浸水・海岸堤背後の建物は越波によってたたきつぶされ、浜続きの建物は遡上波によって押し流された。波の高さは9.5m~10m程度の所が多かったが、室戸岬付近では最高TP+12mにも達したと推定される。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省高知工事事務所編「高知工事事務所四十年史」(四国建設弘済会、1987年)、529頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 海岸災害 高波
NO.
高知4840

よく似た災害

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風により、風速28.0m/秒、雨量491ミリを記録。建物は建物49棟、耕地1,132ha。(「愛媛県史」、... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月15日~16日の第二室戸台風による被害は、東讃方面と小豆島で多かった。高潮や波浪による海岸部の建物・護岸の破壊が重要であった... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日9時半、台風18号(第二室戸台風)が室戸岬に上陸し、海岸沿いに北東進した。須崎市では、16日午前6時半頃、西町の住家2... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

image

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風が室戸に上陸し、徳島県東部を通って阪神間に抜けた。本県では記録的な洪水、高潮被害を残した。この台風で、日... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風が室戸岬に上陸し、海岸沿いに北東進した。被害は死者2人、負傷者78人、家全半壊305棟に及んだ。 続きを読む