慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
徳島県海陽町(宍喰町)
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日辰半刻(午前8時)より申上刻(午後3時)まで大地震が起こり、酉上刻(午後5時)頃より津波が襲った。170余人の人々が小山に逃げるが、老人や幼少の者は波に打ち倒されて流死した。円頓寺(えんどじ)の人々は本尊、証文などを持ち、命からがら逃げのびた。大日寺の栄宥は、一度本尊を負い逃げたが、また大師尊像を取りに下り、御影堂の降り段で引き潮にあい、流死した。(「円頓寺旧記」による)
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宍喰町教育委員会編「宍喰町誌 上巻」(宍喰町教育委員会、1986年)、180-186頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
慶長地震 津波 死者 大日寺 円頓寺旧記
NO.
徳島119

よく似た災害

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、大地震が起こった。津波による死者は甲浦で350人余、佐喜浜で50人余、宍喰で1,500人余、室戸周辺で400人余など... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震により、海部郡宍喰町で1,500余人が流死した。 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日午前9時から午後3時まで大地震で、午後5時頃より大波が襲来した。宍喰浦中の泉から2丈余(約6m)水が湧き出て、地は裂け... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震が起こった。佐喜浜の談義所(今の大日寺)にいた僧侶暁印は、この時の見聞記録を残している。この「暁印の置文」による... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震が起こった。佐喜浜の談義所(今の大日寺)にいた僧侶暁印は、この時の見聞記録を残している。この「暁印の置文」による... 続きを読む