昭和25年の台風9号

災害年月日
1950年07月29日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
昭和25年(1950)7月29日、台風9号により、具同の水位は20時に6m20cmとなった。坂本の背割堤で築堤土砂等が流失し、1,050万円の被害。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局中村工事事務所編「六十年の歩み」(四国建設弘済会、1991年)、47頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 坂本 背割堤
NO.
高知4922

よく似た災害

昭和25年のヘリーン台風

昭和25年(1950)7月27日から28日にかけて、台風が鹿児島西岸を北上後、西進した。27日の雨量は窪川200ミリ、大野見256ミリで、具同の水位は... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月、猛烈な枕崎台風により、坂本の背割堤及び佃築堤が被災し、19万円余被害となった。渡川の坂本の水位は18日4時で8.47m(具... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、台風が鹿児島県枕崎に上陸し、米子に抜けた。16日~17日の雨量は最多の東津野で680ミリ、梼原406ミリ、大正435... 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月、台風により、中村町の浸水500戸となり、町内で舟を使う。坂本の背割堤ほか数箇所で327万円余の被害。 続きを読む

昭和18年7月の台風

昭和18年(1943)7月24日、台風が豊後水道を急速に北上した。具同の水位は24日17時に9m45cmとなった。坂本の背割堤防外4箇所で30万円余の... 続きを読む