昭和18年7月の台風

災害年月日
1943年07月24日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月24日、台風が豊後水道を急速に北上した。具同の水位は24日17時に9m45cmとなった。坂本の背割堤防外4箇所で30万円余の被害。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局中村工事事務所編「渡川改修四十年史」(四国建設弘済会、1970年)、644頁
情報源の種類
事業誌
キーワード
台風 坂本背割堤
NO.
高知5029

よく似た災害

昭和39年の台風20号

昭和39年(1964)9月25日、台風20号により、具同の水位は11時に7m08cmとなった。山路の背割堤防外2箇所で護岸、根固等3,210万円余の被... 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月、台風により、中村町の浸水500戸となり、町内で舟を使う。坂本の背割堤ほか数箇所で327万円余の被害。 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月、猛烈な枕崎台風により、坂本の背割堤及び佃築堤が被災し、19万円余被害となった。渡川の坂本の水位は18日4時で8.47m(具... 続きを読む

昭和25年の台風9号

昭和25年(1950)7月29日、台風9号により、具同の水位は20時に6m20cmとなった。坂本の背割堤で築堤土砂等が流失し、1,050万円の被害。 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、台風が豊後水道を通った。幡多郡では昭和10年以来の大洪水となり、具同の最高水位は29日22時に9.8となり、中村町で... 続きを読む