宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
徳島県海陽町(海南町)
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、M8.4地震、津波。(「宿命の浅川港」による) 観音堂石像地蔵尊の台座には、地震後9m程の大潮が村を襲い、在家一軒も残らず海底に引落し、140余人が溺死した旨が記されている。
地理院地図
Googleマップ
備考
浅川観音堂には宝永ノ津浪の碑が建立されている。また、観音堂地蔵尊の台座には、宝永地震の津波による被害などが記されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
海南町史編さん委員会編「海南町史 下巻」(海南町、1995年)、449頁及び526頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 宿命の浅川港 観音堂
NO.
徳島154

よく似た災害

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日未刻(午後2時)、大地震が起こり、その後津波が襲来した。浅川の観音庵前の「宝永ノ津波」碑には、高さ3丈余(約9m)の津波... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が起こった。鞆浦北町の宝永地震津波の大岩碑には丈余(約3m)の津波が3回来襲したが、地震後に津波が来るという言い伝... 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)7月4日~15日、風水、洪水で土佐七郡損毛。流失家屋6,158戸、風失人119人。中村下町では家一軒も残らず。 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)7月7日、8日、大風水により、中村下の町大堤切れ、家一軒も残らず、町は川原となり、死人夥しかった。(「大海集」による) 続きを読む

康安元年/正平16年の地震

image

康安元年/正平16年(1361)6月24日午前4時頃、紀伊半島沖を震源とするM8.4の大地震が起こり、大津波により大阪、徳島の沿岸で大きな被害が出た。... 続きを読む